インド旅行記2014② 9/14-9/17バラナシ&サールナート

夕方、ニューデリー駅に乗り込み、翌朝バラーナスの新しい駅に着きました。
道中約12時間。近くの人たちと話をしたり、言葉を教えあったりと楽しく過ごしましたが、寝台車だったためか途中の駅で警察が乗客のチケットをチェックするという場に居合わせることに。何かおかしいな?と思っていると私と友人のチケットに文句をつけ始め、金銭を要求してきている素振りを見せてきました。すると同じブースに乗り合わせていたお母さんが「私の友人に失礼なことしないで!」と一喝し追い払ってくれるというちょっとした修羅場がありました。直前までそのお母さんとはボリウッド談義で大盛り上がりしまして。その様子を見て、同行していた友人は軽く引いていましたが、まさかその盛り上がりにより後に救われることになるとは思ってもいませんでした。

さて、今回はアッシーガート近くのHoly Ganga Gesthouse に滞在しました。一泊1000ルピーで、Wi-Fiも、クーラーもついている、まだ新しい良い宿でした。屋上のレストランもおいしかったです。
バラナシといえば、ボート!朝晩、どちらのボートにも乗りました。まず、到着当日は夜のボートに。

IMG_0572

ボートからの眺め。
IMG_0602

朝は残念ながらガスが多くてあまり眺めがよくなかった。残念。
しかし朝のボートでは、今回初めて子供の亡骸が浮かんでるのを目撃しました。
もっと心がざわつくような反応をするものだと思っていましたが、意外と冷静に受け止めていることに少し驚きました。

2日目は朝から、リキシャーでサールナートへ。ブッダが初めて説法を説いた場所です。
花は咲き乱れ
IMG_0578

ストゥーパを遠巻きに見る
IMG_0586 IMG_0591

初めて説法を聞いた鹿達の子孫?
IMG_0594

ストゥーパを見上げて
IMG_0597 IMG_0598

朝、どうしようかと思うくらい土砂降りの中出発したのですが、
昼過ぎにはこのお天気。サールナートは資料館も公園ものんびりしていてとても過ごしやすかったです。
観光地ずれしていないだけあって、どこもおつりを準備していないのが玉にキズですが。。。