ぐだぐだの解消法

日々、思いもかけないことが起こるものです。
アクシデントにはもう慣れた。とおもいきや、まだまだ甘かったなー。

なんだかうまくいかないなーと感じるとき、全体的にもやもやします。
それは朝早く起きれなくなったり、ついつい床で寝てしまったり。
私は決して意志が強い方ではなく、すぐぐだぐだになるので、生活習慣に顕著に出るタイプです。
すると体がだるくなり、心もスッキリしなくて、考えがまとまらなくて、周囲にもそれが広がって。。。
と、悪循環に陥ります。そういう時、5コーシャの話を思い出すのです。
人間の肉体は5つの層から成っていて、それらを

1.アンナマヤコーシャ(食物鞘)
2.プラーナマヤコーシャ(生気鞘)
3.マノーマヤコーシャ(意志鞘)
4.ヴィジナーマヤコーシャ(理知鞘)
5.アーナンダマヤコーシャ(歓喜鞘)

といいます。
ヨーガの行や教えを実行することで働きかけることができるのは4.のヴィジナーマヤコーシャのレベルまでで、
2~3の微細な分野においては、アーサナ以外のテクニックや教えを用いて働きかけていきます。
それはヤマ・ニヤマという教えであったり、調気法だったりするのですが、
何から初めていいかわからないという時、打開策としてまず身体を動かすことでもやもやをスッキリさせるというのは有効ですね。
アーサナでも、ウォーキングでも何でもいい。
そしてそういうときは大概生活リズムも崩れているので、
身体を動かすことに合わせてこういう生活のリズムにしよう
と、自分を律することをはじめると、身体だけでなく心も楽になって、全体的に物事が動き始めるように思います。

アシュラムの生活ではこういった訓練をする環境があるので、その感覚を体感しやすいですね。
それと同じ生活を日常に持ち込むのはもちろん難しいのですが、
こういうことをすると、このような反応が生まれる。と、体感していく経験と過程は、
日常で何を今すべきか選択するときの指針となっています。
モヤモヤから来る停滞感が私にとって一番しんどい。牡羊座だし。
だからまずは何かアクションを起こすことが大切なんだよなぁ。

どーでもいいことですが、去年から仏陀とイエスに関係するお名前を持っている方とお知り合いになることが続いていて、
「私の世界、リアル聖☆おにいさんやー☆」
と、少し喜んでいる次第です。

ご利益あるかなーあったらいいなー。

20150225-113513.jpg

***************************
☆アカンダヨガティーチャーズトレーニングコース☆
2015年9月24日~10月23日
インド・リシケシでのアカンダヨガティーチャーズトレーニングコース(RYT認定)
日本語サポートをメロウヨガが担当します。
ヨガの聖地リシケシで、アシュラムで生活をしながらヨガを学んでみませんか?
ご興味のある方はリンクをご確認ください。
***************************