思考と感情の迷路

瞑想の時間を多くとっています。

それは思い込みじゃないのか?
といわれると真実のほどはわからないのですが、
思考と感情が、雲や霧のような質感で感じるときがあります。
迷路に迷い込んでしまって、抜け道が無いように感じているときは特にです。
その雲のようなものに問いかけてじーっと観察していると、
徐々に溶け出して、スッキリしていく。

そのスッキリを期待して瞑想しているわけではないのですが、
結局、こういう時間を求めているということは、自分の感情や思考というものを
今までいかにぞんざいに扱ってきたかということなんだなーと思います。
自分の感情や思考を他のものと混ぜて感じているつもりになっていたことがまだまだ出てくる。

物事をありのままに見る。

というのにも段階があって、今はこの階層で見る。
と決めるのも結局自分次第。
そのことを今までは
「腹を据える」
なんて少し根性論みたいな感じだったのが、
その気負いのようなものが抜けたように思います。

すると、結局は目の前のものに向き合うこと、
できることをするという選択肢が一番スムーズ。
っていうかそれしかできませんしね。

とりあえず目の前の試験に向けて、今日もお勉強しましょう。


***************************
☆アカンダヨガティーチャーズトレーニングコース☆
2015年9月24日~10月23日
インド・リシケシでのアカンダヨガティーチャーズトレーニングコース(RYT認定)
日本語サポートをメロウヨガが担当します。
ヨガの聖地リシケシで、アシュラムで生活をしながらヨガを学んでみませんか?
ご興味のある方はリンクをご確認ください。
***************************