デトックス期間突入~ランチボックスでデトックススープを作る

最近食べ過ぎです。

妙にごはんがおいしくて、家でもなんでもおいしくいただいているだけでなく、
先週、少し遅いけれど、と、お誕生日のお祝いで、父に連れられ串カツ屋さんに。
翌日はパーティー。ピザ、インド料理etc…楽しかった。美味しかった。

が、

気づけばおなか回りとお尻が重い。
アーサナの練習の時に下半身が重すぎる。アームバランスがしんどい。
連日の食べ過ぎだけでなく、日常の、特に小麦粉の食べ過ぎが祟っていると自分でわかります。
だって、パンとコーヒーがおいしいのだもの。

でも、くしゃみが出てきたり、お通じがなーんか良くない。と、感じる変化もありまして、
これはぼちぼちなんとかしないかんと一念発起。
今日から野菜スープ期間突入です。

11101996_940099352688007_74283551_n 11142147_1432372310393093_1077017102_n

私はヴァータ質が乱れやすいので、
半断食するときのスープは野菜とクミン、若しくはアジョワンとごく少量の塩で作ります。
オリーブオイルかギーでスパイスをタルカしてから、
固いお野菜から軽く炒めて油を回し、その上に柔らかいお野菜(かぼちゃやトマト)を乗せて蒸します。
全体に軽く火が通ったら、お水を入れ、弱火で煮る。
最後に味を調整していただきます。

今日は、ゴボウとにんじん、玉ねぎ、トマト、かぼちゃのスープでした。
甘くておいしい。
でもカラダを軽くしたいなら、根菜類もう少し減らしてもいいかもな。
明日はほうれん草のスープにしよう。

ちなみに、ひとり分のスープや薬草を煎じるときはこのゼブラの弁当箱が鍋替わりです。
タイのマーケットで購入しました。重さもサイズも好みにぴったり♪
なんせ鍋として使えるので、旅先にも持って行くのに重宝しています。おススメ。

断食は、ドーシャ別に
ヴァータ  :野菜スープ(1日1回)
ピッタ   :ココナツウォーター
カファ   :白湯
の断食を実行するのが良いのだそう。
去年の京都リトリートでヴィシュワジが言ってましたね。

あくまでも私の場合ですが、消化力が弱っていたり、
胃腸が疲れている時はみぞおちのあたりが固くなっていまして、
断食をして、空腹の時間を長めに取ると、その部位が明らかに柔らかくなります。
おなかがやわこくなったらそれが回復食のサイン。

さて、今回の断食はどれくらいの長さになるかなぁ。。。
お尻、軽くなるといいなぁ。

***************************
2015年5月5日(祝) 川西でインド・リシケシのアシュラム体験☆
お時間が合う方、ぜひふらりとお立ち寄りくださいまし。
チャイを飲みながら、インドの四方山話に花を咲かせるという会です。
2015年9月にリシケシで開催されるYTTの説明も兼ねております。

***************************
☆アカンダヨガティーチャーズトレーニングコース☆
2015年9月24日~10月23日
インド・リシケシでのアカンダヨガティーチャーズトレーニングコース(RYT認定)
日本語サポートをメロウヨガが担当します。
ヨガの聖地リシケシで、アシュラムで生活をしながらヨガを学んでみませんか?
ご興味のある方はリンクをご確認ください。
***************************