身体も心も大掃除~お部屋の掃除と甲状腺②

前回の続き。

細胞診の結果は2週間後。
甲状腺の悪性腫瘍は比較的予後の良いものが多いらしく、生存率も高いらしい。
9年前と違うのはやはり結果が気にはなるのだけれど、
それ以上に医療保険、それも特約に入っておいてよかったなぁ。とか。
先のことを考えていても仕方ないよね。
と、どこかで冷静に捉えている自分が常にいて、味方になったような気がしています。
どうなってもいいという投げやりな気持ちではなく、
まぁ、なるようになるかぁという妙な前向きさがありました。

結果待ちの2週間はのんびり過ごしました。
思い立って、大掃除もしました。
身辺整理ではないけど、もしかしたら手術になるかもしれないし。
手術なら全身麻酔らしいし。
何があるかわからないなら、お部屋をすっきりさせておきたいな。と思ったのです。

2週間後。
結果は良性で、経過観察になりました。

よかったなーと思ったのは両親が心配していたので、
いい報告ができるのは単純にうれしかった。

4か月毎の検診が当分必要ですが、
あまりストレスをためすぎないように、ゆるりとすごしてゆこうと思います。

IMG_0578

あたりまえのことなんですけどね。
大掃除をして、身辺を定期的に風通しをよくするのは大切。
風通しの良い空間に身を置くと、選択の精度が上がるように思うのです。

心と言葉と言動が一致しているのが聖者たる者の最大の特徴である。

と、何かの本に書いてありました。
ヨガスートラⅠ-37にあるように、聖者の心に心を留めるのも一つの練習。
次回の再検診まで、身辺の要らないものをもう少し整理して、
自分の心と言葉と言動を見つめる時間をもっと取っていこうと思ってます。

前回の記事でご連絡をくださったみなさま、ありがとうございましたぁ。