復習の日々

YTTの準備も兼ねて、今までのノートを全て纏める作業をここ半年程ぽつぽつと行っています。

それは、アカンダのものだけではなくてインヨガやリストラティブ、
メディカルヨガも含めて全てトライしようとしているのですが、
これがなかなかまとまらない。
そもそもアカンダヨガの200・500時間のノートだけでもかなりのボリュームなので、
ノートを見て、テキストを読んで、参考書籍の原本をあたって。
そんなことをしているとそれだけで1日があっという間に過ぎていきます。

ノートを見ていると、その時に必死に吸収しようと頑張っていた跡が見受けられて、
我ながら頑張っていたなと思います。昔の私、えらい。
そして、基礎をしっかり押さえているトレーニングであることを再確認するのと共に、
ヨガを学び始めた時にこのコースを受講できてラッキーだったと思いました。

ヴィシュワジという先生が素晴らしいのはもちろんのことなのですが、
リシケシという土地柄も影響しているように思います。
私は比較的保守的で懐古的なので、何かを学ぶときに「伝統」「ルーツ」を重視する傾向があります。
だからインドのリシケシで伝統的なヨガを学べるアナンダプラカーシュヨガアシュラムを選びました。
概ね希望通りのコースでしたが、いい意味で予想に反していたのが、
メインティーチャーであるヴィシュワジは海外指導した経験も豊富なこと。
彼の教えるアカンダヨガ自体が他流派の良い要素を積極的に取り入れる姿勢があるので、
古いだけではない、新しい風も取り入れる柔軟が、今、日本でヨガを伝える上で助けになっています。
先生の経験から出てくるクラスを毎朝受講し、土地の持つエネルギーを感じながら学んだ2か月半。
大変なことは大変でしたが、今思えばとても楽しかった。
だから何回もリシケシに行きたいと思うのだろうな。
来月末、またインド行きです。わくわく♪

そんな全米ヨガアライアンス認定アカンダヨガティーチャーズトレーニング、
2015年の開催分は既に締め切っています。
2016年2月に日本語サポート付のトレーニングコース開催予定です。詳細はこちらへどうぞ。