にっと笑う

個人事業主としてかれこれ8年!?やってきました。

お世辞にも私は要領の良い方とは言えず、
つぶれそうになった時に、助けを求めたら周りの人が助けてくれた。
それでなんとかやってこれた。
助けの手を差し伸べてくれた方々には感謝の言葉の外ありません。

先日ある方とお話ししていて気づいたのだけど、
全てうまくやっているように見えるらしい。
「いつもにこっとしていて、経営が向いていらっしゃるんですね」
と、お言葉をいただき、素直に光栄だと思いました。

自分で選んだ道だから、どんな時でも「にこっ」は無理でも「にっ」と口角を上げる。
まぁそこまで絶望的にしんどい境地に立たされたことはないようにも思いますが、
できるだけ心がけていることです。

とはいえ、ある特定の方々と集まると毒を吐くくときがあります。
そんないい人でもないのでね。
でも解決の無い愚痴は決めたとき以外言わないと決めています。
それは自分の思考の枠でぐるぐる考える、要は自己を客観視ができないという事実が、
どれだけ周りを不快にさせるか見せつけられる経験が多くあったから。

だって愚痴る人って、たいてい自分さえよければいいのだもの。
愚痴る当人はそれを出して、どうにかしてほしいというわけでは無くて、
悩んでいる自分に酔っているということがほとんど。
疲れたと思って聞かないようにすると逆上されることもあるし。
まともに相手しているのがあほらしい。
ならその分のエネルギーを自分の活動に変換した方が有意義だなーと思う。

意識の向け方の違いなのでしょうけどね。

ぼちぼちでも、にっと笑いながら私は私の道を歩きたい。

IMG_1609

タリーズのラテアート。いつも見ると元気がでるお守りです。