シンメトリー

今年はゴルフが趣味の方がクラスにおいでになることが多かったように思います。

身体の動きを拝見すると、皆さま不調がでていらっしゃるところが似ています。
それでも、ヨガで左右バランスを意識する動きを取り入れると、
スコアの伸びや、トレーナーさんに褒められた!等のご報告をいただくことがあり、
やってて良かったねー!と、共に手を叩いて喜ぶことが何回かありました。

ヨガのインストラクターになって丸8年。
いまだに解剖学は苦手だけれど、アサナを通しての体調整というところで、
多少進歩が見られるようです。

IMG_1336

ヨーガの指導に対して、劣等感というより自信の無さが常につきまとっていたのだけど、
その自信の無さは、何かに向かってまっしぐらに突き進む経験ができていないからかもしれない。
日記やしたことを見返すと、それなりに考えて動いてはいるのですが、
何をしていたかと言われると、何もしてなかったなと感じる。
大きな変化、もしくは自分に多くを望みすぎているのかもしれませんね。
どれだけやっても満足できない。このパターンが形成されていて、
趣味のタロットでお友達を観させていただいたときにも、
「マンネリ」なんてキーワードが出てきましたが、
そうだな、私自身マンネリ化していたのかもしれないなぁ。

新しいことを求めるだけではなくて、
古いことを探求するだけでもなくて、
時間軸も、空間も超えて、
「自分」の夢中スイッチが入るものにまっしぐらに突き進みたいのだけど、
その対象は私にとっては何なのだろう?

今まで楽しいと感じていたことが、過去のものを懐かしむような感覚に変化しています。
いや、今ももちろん楽しいのだけど、
大笑いした後、「あぁ、なぁーんだ。」と、ため息をつくような、
また、視点がなんとなく定まらないけど状況は理解できているような、
この感覚は何なんだろう??

年の瀬だから、かな?