2016アーユルヴェディッククッキングツアー5・6・7・8日目

先日怒涛のツアーが無事関空にてお開きとなったと連絡がありました。私はデリー残留だったので前日に空港でみなさんをお見送り。

今回初めてツアーという形をアレンジしましたが、実際にやってみて思ったのは、予想以上にやることが多かったこと。しかし添乗員さんのお力と、参加してくださった方々の寛容な懐の元で、無事に最終日を迎えることができました。

img_3341

今回のメンバーは全員単独で申し込みをされた方ばかりで、出発まで不安に思われていた方も多かったのですが、最終日にはみんな仲良くおしゃべりをして空き時間を楽しむ仲になってましたね。ツアーの仲間は少なからず仲良くなるものですが、つかず離れずの心地よい団結。道中ご縁の濃さを感じずにはいられませんでした。5月頭のインドの暑さに翻弄されながらも、アシュラムのルーティンへの参加から観光、リシケシとデリーへのショッピング、みっちりつまった旅でして、途中で体調を崩された方もおられましたが翌日には回復されて、デリーにて最終日を迎えることができました。皆さんが無事に帰国されたとの報告を受け、私もほっと一息ついたところです。

最後にみなさんからお手紙をいただきました。全員「またインドに来たい」という感想と共にプレゼントまで。むしろ私が何かしないといけない筈なのに、余裕が無く何も用意できなかったことが申し訳なく思いました。またインドに行きたい!という言葉が思何よりのギフトだと思っています。ありがとうございました。

参加者各自が何かしら成長した。バージョンアップした。と感じることができた旅だったようですが、私も同じように感じています。うまく言葉にできないのですがここ数年感じていた殻から脱皮したようで、心のどこかで待っていたものがインド旅行歴8年目にしてやってきた感じ。おとぎ話の中の話だと思っていたのに、本当に現実のものとして実在するなんて!しかもそれが自分の身に起こるなんて!!しかもお星様の運行まで計算されたかのよう。あぁ、 これだからインドに来るのを私は止められないのかもしれません。

とにもかくにも、久々にやり切った!という充実感があります。何事も初めてのこと、知らないことは緊張しますし、不安もありますが、少しでもやってみたいと浮かんできたことは今後も可能な限りどんどんやっていこうと思います。

ツアーの中で、またも英語力不足を感じましたね特にスピーキング。帰ったら勉強の方法が変わりそうです。今後の予定ですが、アシュラム側からもOKが出たのでまた冬に同内容の企画をしようか考え中。また時期が来ましたらこちらのブログとメロウヨガのHPで告知しますね。

今回いただいたすべての素晴らしいご縁に感謝します。

om namo narayan