灼熱のインド

今回が6回目となるインドですが、実は夏に来るのは初めてだったりします。
日中は40度に達することもあって、まさにお湯の中にいるような暑さ。冷え性の私としてはありがたいことですが、それでもさすがにこうも暑いとバテますね。まったくおなかが空かず、少し食べるともうおなかいっぱいという感じ。暑い時期の消化力低下をまさに実感しております。

そんな暑い中でも食べたいと思うおいしいもの。ジャックフルーツのサブジとポーハ。

ジャックフルーツは解体中白い液体が大量に出ます。おいしいけど、消化にはあまりよくなさそう。。。

img_3383-1

リシケシはビートルズカフェのポーハとミントレモンジュース。上にかかっているのはトマトと玉ねぎとコリアンダーのサルサ的なもの。いつも玉ねぎ抜きと言いうのを忘れてしまいますが間違いない美味しさ。生の玉ねぎ、ちょっと苦手なんですよね。

こんな暑い中ですが、先週は二コラが、今日はガンガとババジがグループを作りウジェインに向けて出発しました。クンブメーラと言われるババ達の祭典があり、沐浴をするためにインド全土、海外からも人が集まります。まぁものすごい混雑になるようですが、新聞によると現地は大雨と突風の影響により死者と怪我人が出ている模様。どうか皆無事に帰ってきますように。

アシュラム内の人数が少ないこともあり、いつにもましておシャンティ。玄関の棚に葡萄が成るなんて知らなかったなぁ。

私はこの暑さに耐えかねて明日からダラムサラに向かいます。クンブメーラに行かないババ友が先にダラムサラ入りしているのですが、こちらとはうってかわって涼しい様子です。その涼しさを味わう前に、リシケシから13時間夜行バスに乗らないといけません。バスをリシケシのレッドチリで予約しました。エアコン無し片道1000ルピー。インドではじめての夜行バス体験です。ローカルバスではなく観光バスのようです。まったく期待していませんが乗り心地が気になります。

余談ですが、チケットを買ってから電車でいくというルートを知りました。電車だとハリドワールからパタンコートへ、そこからジープで向かうようですね。でも電車がパタンコートに着くのが深夜2時とかだし。そんな時間に駅から出されても不安この上ないので、やっぱり夜行バスで正解なのかもしれないですね。