アーユルヴェーディッククッキングツアーその後④油断大敵

あー。やっちまった。

2日前、夜のクッキングクラスが終わった後部屋に戻り就寝。深夜1時にふと目が覚め、そこから朝まで激しい吐き下し。ふらふらになりながら翌朝水とざくろジュースを買いに行くも、帰ってから飲んだざくろジュースまでもどす始末。体温計を持って来なかったけど、熱が出る前に来る悪寒と関節痛までついてきた。

完全に食あたりの症状です。

熱が出るのはよいサインと言われるものの、あまりに辛いので日本から持ってきた熱冷ましと、インド人からもらった胃の中のバクテリアを殺すというアーユルヴェーダ処方の薬を飲んで一日休みました。

そこからの本日。フルーツとスープが飲めるまで快復。まだ本調子ではなくて頭がふらふらしますがなんとか動けるようになりました。

思うに、前日の料理教室の時に使った水が原因かと。あれ?もしや水道水?って気になってはいたけど、火を通すから大丈夫かなーなんて完全に油断してました。反省。

食あたりは6年前にリシケシで経験しました。あの時はブラウニーであたったっけなぁ。久しぶりにデトックス完了といった感がありますが、当分の間養生しようと思います。

  

やはりインド。気をぬくと手痛いしっぺ返しをくらう国です。だから好き❤️と思うのは、ツンデレに萌える気持ちに似ていると思う。