久しぶりの日本

気づいたら1年も帰国していなかったことに驚きます。

仮に、ではありますが久しぶりに住民票を日本へ移し、しばらく大阪に滞在する予定です。

ホーチミンでの生活は日々慌ただしく、充実した会社員生活を送ることができました。
滅多に会えないような個性的なお友達がたくさんできたのが大きな収穫で、また、滅多にできないような驚きの出来事を経験できたのも良い思い出です。

ヨガについて、またレッスンしないの?と聞かれることも有るのですが、
しばらく教えるという環境から離れているので、ちょっと準備期間が必要となりそうです。
全く別のことをする案も出ているので、ゆっくり流れに身を委ねつつ、また海外に出ることも視野に入れつつ動いて行こうと思っています。

今回会社員生活に復帰して思ったのは、

通常の生活を営みながらヨガをするってよっぽど好きじゃないとできない。

ということです。
誰にも見られていない、となるとサボっちゃうし。
すると、どんどん動くのが面倒になっていく負のスパイラルに巻き込まれます。

そうすると、私はかつてヨガを教えていた。のではなく、集う方皆に教わっていたのだな。
と改めて感じました。

ヨガじゃなくてもなんでもいいのだけど、そうやって真摯に何かに向き合うことを続けたら、
人生はとても豊かになるのだと思う。
今年は何か夢中になれるような、新しいことを始めたいな。